KEIO PLAZA HOTEL TOKYO
※料理写真はイメージです。
※料理写真はイメージです。

名誉総料理長 緑川廣親は、芸術としての料理を極め、ホテル業界で顕著な功績を残したフランス料理のシェフに授与される
「国際料理芸術クープドール・マリウス・デュトレイ」を日本人として初めて受賞いたしました。

同賞は20世紀にフランスとイギリスの最高級ホテルで料理長を務め、料理人の地位を向上させたマリウス・デュトレイ氏により
1958年に創設された権威ある賞で、デュトレイ氏の遺志を継ぐフランス料理アカデミー会員の推薦により
世界のフランス料理シェフの中から数年に1人だけ選出されます。

過去には1994年にポール・ボキューズ、2014年にジョエル・ロブションが受賞している名誉ある賞です。

このたびの晩餐会では、この名誉ある受賞を記念して、フランス料理の伝統を日本に伝え続けてきた緑川廣親が
心をこめて自ら腕をふるい、珠玉のメニューをお届けいたします。

選び抜かれたワインとともに、どうぞ存分にお楽しみください。

20171122日(水) 要予約
※キャンセル待ちの可能性がございます。
19:00~21:30(受付18:30~)

会場:44階/宴会場<アンサンブル>
料金:1名様 45,000円 / 会員価格 43,000
(特別コース料理、ソムリエ厳選ワイン、サービス料・税金込)

ご予約・お問合せ レストラン予約
TEL. 03-3344-0111(代表)

20171122日(水)要予約
※キャンセル待ちの可能性がございます。 19:00~21:30(受付18:30~)

会場:44階/宴会場<アンサンブル>
料金:1名様 45,000
 会員価格 43,000
(特別コース料理、お飲物、サービス料・税金込)

ご予約・お問合せ レストラン予約
TEL. 03-3344-0111(代表)

Profile -プロフィール-
Profile -プロフィール-

緑川 廣親は15才で料理の道に入りました。フランス料理の名店で研鑽を積み、1964年単身ヨーロッパに渡りました。
ドイツ料理やスイス料理にも触れながら、繊細さと緻密に計算された合理性という2つの顔を併せ持つフランス料理への知識と技術を高めました。
帰国後1971年、京王プラザホテルに開業とともに入社し、その後もフランス料理一筋に道を歩み、国際料理コンクールにて日本人初の第1位、フランス共和国農事功労章オフィシエ、旭日小綬章受章など、これまでも数々の栄誉に輝いてきました。
フランス料理の伝統を日本そしてアジアの代表として継承し多くの後進の指導にその身を捧げ、日本におけるフランス料理界の発展に寄与しています。

Interview -インタビュー-
Interview -インタビュー-

“国際料理芸術クープドール・マリウス・デュトレイ”日本人として初の受賞
名誉総料理長緑川 廣親
世界のホテル業界で顕著な功績を残したフランス料理のシェフに授与される「国際料理芸術クープドール・マリウス・デュトレイ」。 過去にはポール・ボキューズ氏やジョエル・ロブション氏らが名を連ねる権威ある賞を、京王プラザホテルの名誉総料理長 緑川廣親が日本人 として初めて受賞いたしました。パリ・ロンドンの最高級ホテルで料理長をつとめ、料理人の地位を向上させたマリウス・デュトレイ氏 により1958年に創設された同賞は、フランス料理アカデミー会員の推薦により、世界のフランス料理シェフの中から数年に1人だけが 選出されるというもの。新たな栄誉に輝く緑川シェフの喜びの声と、これまでの歩みをお届けいたします。

インタビュー詳細はこちら(PDF) 》