KEIO PLAZA HOTEL TOKYO
閉じる 閉じる
京王プラザホテルのストーリー

人の和をつなぐ「広場」になる。

西新宿の高層ビル街を、1971年の昔に時をもどしたとしたら、その風景に見えるのは京王プラザホテルだけでした。 いまでこそ350万人が乗り降りする新宿駅ですが、その西側は都市としての再開発がスタートしたばかり。
まっさらの街にぽつんと超高層ホテルが営業をはじめたことで、人は引き寄せられ、活気が生まれ、西新宿は動きはじめました。

京王プラザホテル創業の想いは、都市の広場。
人のぬくもりがあり、ふれあいがあり、ドラマがあり、そこで思い出が生まれ、文化の発展にも寄与できる、そんな場でありたいと考えてきました。そのこころざしは、これからも、変わりません。訪れたお客様お一人おひとりに、新しく魅力的な出来事が生まれてくるようなエネルギーを秘めた「広場」でありたいと思います。

時代と共に進化し続けるパイオニア

お客様にとっていいことなら、真っ先に取り入れる。

地上170m、日本初の超高層ホテルとしてオープン以来時代をさきがけ、日本のホテルの快適さをリードしてまいりました。ウエディング・チャペルをもつホテルはいまでこそ当たり前のように思われていますが、京王プラザホテルが日本ではじめて手がけたものです。
バリアフリー対応・授乳室や託児施設のご用意。レディースプランの新提案、24時間無料無線LAN(Wi-Fi)接続サービス。日本酒バーやノンアルコールカクテルなど時代の空気をしなやかにうけとめ、おもてなしをいち早く革新してまいりました。
ハローキティルームも、そのひとつ。
小さなお客様にも、ホテルライフを楽しんでいただきたくて。京王プラザホテルは、お客様のために、変わりつづけます。

京王プラザホテル

PLAZA chronicle

お客様満足のもう一歩先へ。
100年ブランドを目指し、革新を続けます。

建設中の京王プラザホテル

1971年
日本初の超高層ホテルとして誕生した
京王プラザホテル

1971年5月 47階展望室オープン

1971年5月 47階展望室オープン

開業当初、47階展望室は大変人気で、連日多くの人でにぎわっていました。

1971年6月 全館グランドオープン

1971年6月 全館グランドオープン

開業当初の京王プラザホテル。
当時は日本で一番高い建物でした。

1980年11月 南館オープン

1980年11月 南館オープン

南館は急ピッチで建設され、2つのタワーからなる超大型ホテルとなりました。

1971年 日本初の超高層ホテルとしてオープン
1975年 ホテルで初の常設「チャペル」を設置
1980年 南館オープン 託児ルームオープン
1988年 バリアフリーへの取り組みとして、ユニバーサルルーム設置
1992年 ホテルで初の日本酒バー<天乃川>オープン
1993年 「レディースプラン」を都内のホテルで初めて販売
1994年 カラオケルーム」を都内のホテルで初めてオープン
ホテルで初めて「シビルウエディング(市民結婚式)」を発売
2001年 ホテルで初めて「超高速インターネット」の無料サービス
2004年 コリアンダイニング<五穀亭>を都内のホテルで初めてオープン
2010年 ホテルで初の「同窓会コンシェルジュ」を設置
2011年 ブライズルームを拡充、都内随一の婚礼施設へ
2013年 南館高級客室「プラザリュクス」「リュクスラウンジ」オープン
2014年 ハローキティ ルーム」オープン