KEIO PLAZA HOTEL TOKYO
トップ > 人事教育制度

人事教育制度

人事制度

トータル人材育成システム (Customer Comes First / Challenge & Change Fast)

京王プラザホテルが1971年6月に開業して以来、京王プラザホテルを利用されるお客様の価値観や意識、 お客様から求められる機能やサービスは変化・多様化しており、京王プラザホテルが企業として、日本を代表するホテルとして、 更に躍進をするためには、『ホテルの価値創造』を支える社員一人ひとりが、環境変化に即応し進化・成長しながら『お客様の価値創造』に チャレンジし続けていくことが不可欠です。このことを念頭においた京王プラザホテルの人事制度は、 「オープン(公開)」「シンプル(わかりやすい)」「フェア(公平・機会均等)」な『トータル人材育成システム』として、社員一人ひとりが、 京王プラザホテルで 働くことを通して、ホテルマン・ホテルウーマンとして自己を高めていこうとする努力・チャレンジを、サポート(支援)するものです。

個人(社員)の成長と企業(ホテル)の成長の相互連携サイクル

個人(社員)の成長と企業(ホテル)の成長の相互連携サイクル

トータル人材育成システムの特徴

下図にあるように、京王プラザホテルではトータル人材育成システムとして「役割」「評価」「賃金」「教育」の制度がそれぞれにリンクしており、次のような特徴があります。

・自己の役割を確認できる制度(役割等級制度)
・ホテル価値向上に挑戦できる、参加貢献型の制度(MBO)
・評価に参加し、自己表現できる対話型の制度(評価制度
・成果・役割により挽回・逆転できる制度(賃金制度)
・多様性を認め選択肢のあるキャリア開発制度(複線型コース選択制)
・京王プラザホテルならではの専門性を奨励・支援・処遇する制度(エキスパート認定)

トータル人材育成プラン

トータル人材育成プラン

トータル人材育成システムのねらいは、社員個々人が人材価値の創造・向上を通して、ホテル(企業)価値の創造・向上を目指すこと。 また企業は社員の多様性を認め、選択の幅の広い能力開発(キャリア)機会を積極的に提供し、社員の自主・自立性を尊重すること。 社員の果敢な「チャレンジ」を奨励し、その「成果」「プロセス」を尊重し、支援・評価・処遇することにより次代を担うホテルマン・ホテルウーマンを育成することにあります。

教育・研修について

社員の意欲に応える教育システム

人事制度の複線化にあわせて、教育制度も充実しています。 社員一人ひとりの長所を伸ばしつつ必要な能力を補うために、集合研修や自己啓発プログラム、社員自身を講師とする「京王プロフェッショナルセミナー」など、 プロとしての専門性を高める多彩なプログラムを整備。さらに、在外公館派遣員制度やコーネル大学サマースクール派遣、 海外の受託運営をしている和食レストランへの派遣など、自分自身が能力開発の機会を自由に選べる教育システムで、社員のやる気に応えています。

京王プラザホテルの能力開発マップ

京王プラザホテルの能力開発マップ
募集要項
お問合せ
電話受付時間
■平日10:00~18:00
(12:00~13:00除く)
※土日祝はメールのみ(新宿)
【新卒・中途採用】
京王プラザホテル 人事部 人事
TEL.03-3344-0262(直通)
e-mail:gap-personnel@keioplaza.co.jp
【サポーター採用】
(新宿)京王プラザホテル 人事リクルートセンター
TEL.03-3344-0263(直通)
e-mail:gap-supporter@keioplaza.co.jp
(多摩)京王プラザホテル多摩 採用担当
TEL.042-374-5933(直通)
(八王子)京王プラザホテル八王子 採用担当
TEL.042-656-6702(直通)