KEIO PLAZA HOTEL TOKYO
閉じる 閉じる
HOME > イベント・フェア > 能「葵上(あおいのうえ)」と美食を楽しむ午餐会【要予約】

能「葵上(あおいのうえ)」と美食を楽しむ午餐会【要予約】

~恋焦がれ、想い募らせる女の悲哀を表現する能舞台~

noh

観世流 観世喜正氏らによる演目「葵上」をご鑑賞いただいた後には、お好みのレストランにて特別メニューをお楽しみください。

日 時

2018年6月14日(木)

■能楽鑑賞 12:00~(受付11:30~)
■お食事  13:30~
2階/和食<かがり>、フレンチ&イタリアン<デュオ フルシェット>、中国料理<南園>よりお選びいただけます。
※能楽鑑賞は別会場<宴会場>となります。

会 場

5階/宴会場<コンコードボールルーム>

料 金

お一人様 18,000円
会員料金 17,000円
(能楽鑑賞、お料理、ワンドリンク、サービス料・税金込)

能「葵上」のあらすじ

光源氏の正妻・葵上は病いに苦しんでいた。巫女が呼ばれ、葵上に取り憑いた物の怪の正体が明らかになる。
それは源氏の愛人・六条御息所の生霊であった。御息所の生霊は、源氏の愛が冷めたこと、賀茂の祭りの日の屈辱の思いが募り、葵上に打ち掛かる。
事態を収めるため、横川の小聖が呼ばれ祈祷をすると鬼に変じた御息所が現れる。
恋の恨みと、汚された誇りの復讐をせんと、形相も凄まじく襲い掛かるが、ついに祈り伏せられ、仏の慈悲に心を和らげ去って行く。

出 演

観世喜正(観世九皐会)ほか

観世喜正
1970年東京生まれ。父・三世 観世喜之に師事。
観世喜正氏は観世流シテ方で、三世観世喜之氏の長男として矢来能楽堂(新宿区)を本拠地に幅広く活躍されています。
国内各所で「能」の指導にあたる一方、東京を中心に全国や海外の公演にも多数出演し、講演など「能」の普及活動にも積極的に取り組んでいらっしゃいます。

お問合せ・ご予約

03-3344-0111(代表)【レストラン予約】

イベント・フェア一覧
Events & Fairs

ロビーギャラリー 展示会