PARTY REPORT

パーティーレポート

【2020年11月28日】私たち家族にとって『忘れられない結婚式』になりました

2020年11月28日 挙式
HT様・AM様 結婚ご披露宴

HT様・AM様 結婚ご披露宴
おふたりからのメッセージ
始めに、無事結婚式を行うことが出来たのは、プランナー杉本様をはじめとした京王プラザホテルスタッフ皆様のご協力のお陰です。2019年4月にお打合せをしてから1年半という長い間、本当にお世話になりました。改めて感謝申し上げます。
式場選びの際、祖父の勤務先が京王グループだったことがきっかけで、貴館とお話させていただいたのが私たちの結婚式の始まりでした。当時のプランナーの山田様と出会い、私たちの記念日である2020年5月に式を挙げる為、多大なるサポートを賜り、心配事も無く準備を進めておりました。

しかし2020年に入りまもなく、全世界で新型コロナウイルス感染症の発症・拡大が広がり始め、苦渋の決断でしたが結婚式の延期を決めざるを得ない状況となりました。
私たちの将来も考え、結婚式をあまり先延ばしにしたくなく、家族や貴館スタッフの方々とご相談して2020年11月に結婚式を行うことにいたしました。
当時を振り返りますと、結婚式当日の感染状況が読めない中で、式の準備を進めることにとてつもないストレスを感じていたと思います。目に見えないウイルスに対してどの様な対策を行うべきか見当もつかなかったからです。ただし11月に結婚式を行うと決めた際に、妻と2つの約束をしました。一つは、「当日は自分たちが誰よりも楽しむ事」。もう一つは、「ご来賓いただく方が安心してご参列いただける様に準備をする事」です。この2つの約束を心に、ホテルの方々と協力して11月に向けて改めて準備を始めました。
「広い会場を選び席間隔を確保」、「パーテーションやアルコールジェル、オリジナルフェイスシートの準備」、「披露宴中の接触を避けるため、ケーキカットなどのイベント中止」、「受付時の芳名帳への記入を廃止」など、従来の結婚式とは違うスタイルで、安心で楽しく過ごせる空間づくりに努めました。また私たち夫婦にとっては、ゲストの存在もとても大切でしたので、ご列席いただける様、上記の対策などを伝え、少しでも不安を解消する様に心がけました。
こうした準備を重ね、当日は90名規模の結婚式を行うことができ、私たち夫婦はもちろん、両家家族にとっても感慨深い結婚式となりました。ご参列いただけたゲストの言葉や、愛情を感じ、涙を堪えることもできませんでした。

今、このレポートをご覧になった方々の中には、同じような境遇や悩みを抱えている方もいらっしゃると思います。私たちの決断や、準備が正解とは思いません。ただ自分たちだけで考えるより、今回の体験を通じて、周りの方や、その道のプロフェッショナルの方へ気軽に相談することから少しずつヒントを得るのも手かと思いました。レポートを読んで少しでもモヤモヤが解消されたら幸いです。
最後に、皆様のご健康とご多幸を陰ながらお祈り申し上げます。
プランナーより
HT様 AM様
新婚生活いかがお過ごしでございますか。おふたりのことですのできっと楽しく充実した生活をお過ごしのことと思います。

この度は、数ある式場の中から京王プラザホテルをお選びいただいたこと、誠にありがとうございます。そして、なによりおふたりと出会えたことに大変感謝しております。コロナ禍の決断は本当に大変だったと思います。しかしながら、おふたりとのお打合せでは、ご新郎様は本当に落ち着いていてご新婦様をしっかりサポートされていましたね。たくさん、たくさん確認しましたね。ご新郎様からの「こうしたい」というご希望は私自身も成長させていただいたと感じております。おふたりと出会えたこと、あらためて感謝申し上げます。

普段はマスク越しでのお打合せでしたが、当日は素敵なお姿と満面の笑顔、ときには緊張したお顔も拝見でき、とても嬉しかったです。まるで我が子の晴れの日をむかえたかのようで、とても感慨深くうっすら涙が出てしまいました。ゲストが披露宴会場に入ると、テーブルコーディネートや会場、飛沫感染防止パネル、そしておふたりがご用意された感染防止グッズをご覧になり、ご列席のお客様から「素敵、すごい」とお声が聞こえて大変好評でしたよ。

最後に、あらためまして京王プラザホテルのご利用本当にありがとうございました。当ホテルがおふたりの歴史の1ページに刻まれたこと、大変うれしく思います。お近くにいらした際はご遠慮なくお立ち寄りくださいませ。おふたりに出会い、披露宴のお手伝いをさせていただき、本当に感謝申し上げます。すばらしい未来を期待いたしております。これからも「すべてのお客様の満足のために」を心に刻み、素敵な披露宴のお手伝いをしてまいります。引き続き京王プラザホテルの応援もあわせてお願い申し上げますね。

ウエディングマネージャー 杉本宏和