KEIO PLAZA HOTEL TOKYO
閉じる 閉じる
京王プラザホテルのストーリー

人の和をつなぐ「広場」になる。

西新宿の高層ビル街を、1971年の昔に時をもどしたとしたら、その風景に見えるのは京王プラザホテルだけでした。 いまでこそ350万人が乗り降りする新宿駅ですが、その西側は都市としての再開発がスタートしたばかり。
まっさらの街にぽつんと超高層ホテルが営業をはじめたことで、人は引き寄せられ、活気が生まれ、西新宿は動きはじめました。

京王プラザホテル創業の想いは、都市の広場。
人のぬくもりがあり、ふれあいがあり、ドラマがあり、そこで思い出が生まれ、文化の発展にも寄与できる、そんな場でありたいと考えてきました。そのこころざしは、これからも、変わりません。訪れたお客様お一人おひとりに、新しく魅力的な出来事が生まれてくるようなエネルギーを秘めた「広場」でありたいと思います。

気さく

「親しみやすいホテル」、という称号こそ、本望です。

熟練のスタッフが、一流のサービスでおもてなし致します。

メインエントランスでは、ドアマンやベルボーイが笑顔でお客様をお迎えします。
できる限りお声をかけ、お客様を知り、お名前をお呼びし、気さくで親密なホテルでありたいと思います。

お客様が次にご来館された折りに、「知った顔がいる」
そう思っていただけるように、今日も笑顔でお声をかけさせていただきます。

京王プラザホテルのスタッフ

グローバル

世界100ヶ国以上のお客様に愛されています。

京王プラザホテルの位置する西新宿は、世界中のビジネスマンや旅行者がひっきりなしに訪れる、グローバルプラザです。1971年開業以来、このメインロビーを本当に多くのお客様にお立ち寄りいただきました。 お客様のご出身国は100ヶ国以上にのぼり、国賓や、多くのVIPもお迎えしてまいりました。 国際会議や学会のメイン会場としても広くご利用いただいております。 立地の良さ、快適性はもとより、外国語のご対応、宗教や文化習慣への配慮など、国際ホテルとしてのサービス品質をさらに高め、もっともっと世界から愛されるホテルを目指してまいります。

ホール

世界の人を魅了するジャパニーズモダン

創業時の雰囲気をそのままに残しているインペリアルスイートルーム。 建築家やアーティスト、熱心な家具好きのお客様が訪れては、まるでミュージアムの作品を愛でるように、過ごされています。日本のインテリアデザイナーの草分けと称される剣持勇氏が室内設計のすべてを手掛けたという逸話は、知る人ぞ知るところ。 「世界に誇れる“日本”のホテルを創りたい」と構想し、自らがデザインした家具や照明を贅沢に配し、ジャパニーズモダンの美意識を封じ込めました。 アートワークにも当時の日本を代表する芸術家が参集。 インペリアルスイートルームのリビングに置かれた「弥生屏風 六曲」は加山又造氏作。

加山又造氏作 インペリアルスイートルームのリビングに置かれた「弥生屏風 六曲」

正面玄関のダイナミックな陶壁や、3階<カクテル&ティーラウンジ>から望む幻想的な陶の庭は、陶芸家 會田雄亮氏。

その他、日本画の篠田桃紅氏、テキスタイルデザインに粟辻博氏、
画家 富岡惣一郎氏、作庭家 深谷光軌氏などそうそうたる顔ぶれがホテルの中で腕を振るっています。

月に詩う

いごこち

お一人おひとりに最良の快適さをお届けしたい。

京王プラザホテルは、本館と南館のふたつのタワーからなります。客室は、全1,438室。
バラエティーに富んだルームタイプをご用意しています。
たとえば、本館40・41階の「プレミアグラン」。「最上級の癒しの空間」をテーマに、選りすぐりのインテリア、オーディオや照明、ベッドやバスアメニティを世界中から吟味しました。
一方、南館高層階にも「プラザリュクス」という客室がございます。
こちらは「上質な大人のリラックス空間」をコンセプトに、本館とはひと味ちがう優雅で洗練された快適さをご提供しています。
また、檜風呂をしつらえた和室や、3~4人様向けのフォースルーム、ユニバーサルルームをご用意するなど、お客様のお好みや目的に応じてお選びいただける選択肢の広さは、他のホテルの追随を許しません。

ご宿泊

おいしさ

料理に誠実な者だけが集う広場。

こころを動かす一皿に必要なものは、誠実さだと思います。その素材を育んだ生産者の愛情にたいする誠実さ。伝統の調理方法を忠実に守る誠実さ。時代の嗜好やおいしさの進化を柔軟にとり入れる誠実さ。そして、今日訪れていただけたお客様への誠実さ。当ホテルの料理人の勤務歴が長い理由は、そうした誠実さに共感する者が多いからかもしれません。
たとえば、「フランス料理アカデミー金賞」を受賞した総料理長 市川博史は、創業以来一筋に歩んできました。また「黄綬褒章」の受章者 李国超も開業とともに下積みからスタートした料理人です。
和食料理 料理長の加藤敏之もホテルで研鑽した職人。
その他にも、パティシエやブーランジェなど一流の腕を持つスタッフが、なかなかここを離れようとはしません。
おいしさに一途。おいしさの層が厚い。味わい深い京王プラザホテルです。

おいしさ

ウエディング

結婚式の新風は、新宿から。

京王プラザホテルは、とりわけウエディングに力をいれてまいりました。日本で初めてのホテル内チャペルの常設、人前式や披露宴会場のカラーコーディネートが思いのままに選べるサービスや、結婚式を挙げられるおふたりが心からくつろげるブライズルームの設置など、他に先駆けてご提案してまいりました。 新しいアイデアを採りいれ、ホテルでのウエディングのすばらしさを充実させてきたのは、お客様とのつながりを大切にしたいから。当ホテルで結婚式を挙げられたお客様はすでに約36,000組に上り、親子2世代つづけてご利用いただいたケースも多くあります。
開業時より現在、未来へとつねに新しい風を感じていただけるように、京王プラザホテルはかけがえのない時をつむいでまいります。

チャペル